沖縄の中村敦司法書士事務所が相続、登記のご相談に無料で対応します!

中村敦司法書士事務所~浦添市、那覇市、西原町、宜野湾市の皆様の安心と笑顔の為に!

あなたの快適な生活のための中村敦司法書士事務所 相続・遺言問題、贈与や離婚問題、登記・会社設立の専門家です!0からしっかり説明します!安心してご相談ください。

無料相談会実施中!

簡易帰化

簡易帰化とは、日本人との繋がりにおいて一定の要件を満たす外国人に対し、認められます。
具体的な簡易帰化の緩和措置は以下のとおりです。
 

緩和要件(1)住所条件の緩和要件

・日本人であった者の子(血の繋がっている子で,養子は不可。)で,引き続き3年以上,日本に居住していること

・日本に生まれた者で,引き続き3年以上,日本に居住していること

・日本に生まれた者で,実の親(父または母)が日本で生まれていること

※上記3つのいずれかに該当する場合,要件が緩和され,日本に引き続き5年以上居住していなくても帰化申請が可能となります。

緩和要件(2)能力条件の緩和要件

・日本人の配偶者(夫または妻)で,引き続き3年以上,日本に居住しており,現在も日本に居住していること

・日本人の配偶者で,結婚後3年を経過し,引き続き1年以上,日本に居住していること

※上記2つのどちらかに該当する場合,要件が緩和され,日本に引き続き5年以上居住しておらず,20歳未満の方でも帰化申請が可能となります。

 

緩和要件(3)能力条件及び生計条件の緩和要件

 ・日本人の子(血の繋がっている子で,養子は不可。)で,日本に居住していること

・日本人の養子で,引き続き1年以上,日本に居住しており,養子縁組を行った際に本国で未成年であった者

・日本国籍を失った人で,日本に居住している者

・日本で生まれ,かつ,生まれた時から国籍をもっておらず,出生時から引き続き3年以上,日本に居住している者

※上記4つのいずれかに該当する場合,要件が緩和され,日本に引き続き5年以上居住しておらず,20歳未満の方で,かつ,自己及び親族の協力があっても生活が出来ない人についても帰化申請が可能となります。