沖縄の中村敦司法書士事務所が相続、登記のご相談に無料で対応します!

中村敦司法書士事務所~浦添市、那覇市、西原町、宜野湾市の皆様の安心と笑顔の為に!

あなたの快適な生活のための中村敦司法書士事務所 相続・遺言問題、贈与や離婚問題、登記・会社設立の専門家です!0からしっかり説明します!安心してご相談ください。

無料相談会実施中!

会社目的の定め方

1. 会社の目的とは、会社が営もうとする事業(事業目的)のことです。

定款に記載する会社の目的は、取引社会の通念に照らして、会社の事業内容が何であるかを知り得る程度に、具体的に記載しなければならないとされています。
一般的な業種であれば、当事務所の方で、わかりやすく記載することも致します。
 

2. 目的は1つでも構いませんが、多めに記載しておくと良いでしょう。

柔軟に幅広く事業を行えるようにしておいた方が良いことが多いようです。
将来行う予定がある事業であれば、当面は行う予定がなくても目的に記載しておくことは構わないので、何度も登記をするくらいなら、1回でまとめてやってしまいましょう。


3. 具体的な業種を複数掲げ、その末尾に「前各号に付帯する一切の事業」と掲載すると、ある程度解釈の範囲が広がります。 


4. 実務的には、会社の目的の適格事例集を参考にして、会社目的を決めます。

適格事例集に記載されている目的は法務局で認められます。
一方、自分で考え出した単語や言い回しを含む目的は、なかなか認めてもらえないのが実情です。
そんなときは、司法書士をうまく活用して、時間の節約をしましょう。

 

商業登記についてもっと詳しく!

◆会社設立

平成18年5月より、新しく施行された「会社法」では、以下のことが大きく改正されました。資本金の払い込みが無くなったため、保管手数料が節約、登記前の準備期間が大幅に短縮されました。大きな方向性として、「起業」という敷居が低くなり、 誰もが簡単に「会社設立」にチャレンジできるようになりましたよ!

→詳しくはこちら!

 

◆商業登記

商業登記とは、株式会社等の法人について、会社に関する登記すべき事項を登記簿に記載して公示することにより、法人をめぐる取引の安全を守る制度です。会社は、まず登記をして初めて会社となり、その後、組織の変更が行われても登記をしない限りは取引の相手方にそれを主張することは出来ません。そのため会社にとって登記は常に必要不可欠であり円滑に行われなければなりません。

→詳しくはこちら!

 

◆定款変更

2006年の会社法改正により、企業経営の幅は広がり、様々な変化が柔軟に出来るようになりました。例えば定款を変更するだけで、様々なことをやりたい時にそのタイミングで行うことが可能になりました。 まだまだ制度としては十分に活用されていませんが、うまく活用することで非常に便利なものとなると言えるでしょう。 

→詳しくはこちら!

 

◆事業継承

今、会社の取り巻く環境は非常に厳しくなっています。誰でも後継者になれる時代ではありません。いざ後継者になるとき、事前に会社のことを知らないで承継すると、破綻寸前の会社であると、「こんなはずではなかった」ということになりかねません。どんな人が後継者に向いているか、後継者の知っておくべきこととは何か、知っておきましょう。

→詳しくはこちら!

 

◆役員変更

役員変更登記とは、会社の取締役や監査役、代表取締役の任期が満了した場合や、辞任した場合、死亡された場合、解任された場合、また新たに就任された場合等に必要変更登記のことをいいます。会社法の規定も閉鎖会社(株式の譲渡制限のある会社)では取締役の員数が1名以上でよくなり、取締役会の設置も任意となり、取締役の任期も最長10年の範囲で定める事が可能となりました。

→詳しくはこちら!

 

◆商号変更

新会社法施行により、類似商号規制が廃止されました。また、これまでは難しかった商号変更が登記できる機会が増えました!

→詳しくはこちら!

 

◆目的変更

会社の目的とは、会社が営もうとする事業(事業目的)のことです。定款に記載する会社の目的は、できるだけ具体的に記載しなければならないとされています。一般的な業種であれば、当事務所の方で、わかりやすく記載することも致します!

→詳しくはこちら!

 

◆本店移転、支店設置

会社の所在地を変更した時には、本店移転の登記を申請する義務があります。本店移転の登記は、同一管轄内での移転か、管轄外の移転かによって手続の内容がかなり異なり、会社を設立したときと同様類似商号・目的の調査が必要になります。

→詳しくはこちら!

 

◆増資、減資

増資は出資する金額を増やしたい場合や、新たな出資者を迎える場合、または株式会社へ組織変更する際の前提として増資するなど、様々なケースが考えられます。減資の最も効果的な使い方としては、赤字の解消を挙げることができます。また、減資の最も効果的な使い方として、赤字の解消を挙げることができます。しかし、減資を行うには、まず、株主総会の承認を経なければなりません。必要書類の準備、手続きのサポートを親身になって行います!

→詳しくはこちら!

 

◆解散と廃業

会社の業績が悪化し、やむを得ず解散させた際には、解散の登記と清算結了の登記を行わなくてはいけません。解散、清算に関するお手伝いも当事務所が行います!

→詳しくはこちら!
 


当事務所について詳しく! 

  kuroki-egao0006.png    

◆事務所案内

◆スタッフ紹介

◆ご相談から解決の流れ

◆料金

◆お問い合わせ

◆アクセスマップ