沖縄の中村敦司法書士事務所が相続、登記のご相談に無料で対応します!

中村敦司法書士事務所~浦添市、那覇市、西原町、宜野湾市の皆様の安心と笑顔の為に!

あなたの快適な生活のための中村敦司法書士事務所 相続・遺言問題、贈与や離婚問題、登記・会社設立の専門家です!0からしっかり説明します!安心してご相談ください。

無料相談会実施中!

強制執行

強制執行の開始

判決が出されたにもかかわらず、それでも相手方が債務を履行せず、裁判所を通して強制的に債務を履行させることを強制執行といいます。

強制執行手続は、訴訟の判決を下した裁判所ではなく、執行機関としての機能を持つ地方裁判所(執行裁判所)によって行われます。

強制執行を開始する大前提として「債務名義」が必要です。 「債務名義」とは、簡単にいってしまえば少額訴訟の判決や和解調書のことであり、 強制執行はその「債務名義」に基づいて行われることになります。
 

執行文

強制執行手続は訴訟の判決を下した裁判所ではなく、執行機関としての機能を持つ地方裁判所(執行裁判所)によって行われます。

つまり、判決を下した裁判所(判決裁判所)とは全く異なる裁判所(執行裁判所)によって強制執行手続が行われるということになります。

しかし、執行裁判所は判決内容に関して正確な情報を有しないため、強制執行を開始するにあたって、「その判決に従って間違いなく強制執行を行ってもよいのだ」という証明が必要となります。

そしてこの証明にあたるものが「執行文」です。しかし、少額訴訟においては、その判決には必ず仮執行宣言が付されるため、執行文は原則として不要となります。

ただし例外として、和解で訴訟が終了したような場合には「執行文」が 必要となります。
なお、「執行文」は、その訴訟の判決を下した裁判所にて交付されます。
 

送達証明書 

強制執行を開始するための主な要件として「債務名義」「執行文」の他に、「送達証明書」が必要となります。

強制執行を開始するためには、債務者に執行の内容を知らせるため、『債務名義又は確定により債務名義となるべき裁判の正本又は謄本』が、あらかじめ、又は強制執行と同時に、債務者に送達されていなければなりません。

そしてこれらの送達がなされたことを証明するものが「送達証明書」です。
なお、「送達証明書」は、その訴訟の判決を下した裁判所にて交付されます。
 

強制執行の方法

少額債権の強制執行では、その性質上、債権執行と動産執行の二つの方法が適当なものとしてあげられます。

債権執行とは、債務者が第三者(第三債務者といいます。注1)に対して持っている債権から、 債権者が債務者に代わって支払いを受ける執行方法です。

具体的には、債務者が勤務先に対して持っている給与債権や、銀行に対して持っている 預金債権を差押えることなどが考えられます。よって、債務者の財産に関する情報をある程度得ている必要があります。

動産執行とは、債務者の家財を換価し、そこから支払いを受ける執行方法です。
しかし、 換価の目的である一般家財は非常に低額に評価され(注2)、また債権執行に比べて執行の費用が かかるなど、少額債権のための執行には経済的にあわないことが多いです。(債務者の財産状況によって も当然異なってきますが、一般には換価された合計金額が10万を超えることは稀だといわれています。)

以上いずれの執行方法の場合にも、考慮すべき事項が少なくはなく、また強制執行の開始を申立てるためにいくつかの書類が必要であるなど、なかなか面倒な手続を 踏む必要があります。裁判所の方や専門家の方などとよく相談されてから手続を進めるべきです。
 

少額債権執行の困難性 

少額債権のため、面倒な執行手続ではなかなかペイされないという問題は、少額訴訟制度に 残された課題であると言わざるを得ません。

そのため少額訴訟では、支払猶予判決や分割払い判決を認めたり、なるべく和解を勧めるなど、できるだけ相手方の任意の支払いが期待できるように工夫されています。

しかし、確かに少額債権の執行は難しいものではありますが、 強制執行となれば裁判所の方はもちろん、弁護士や司法書士などの専門家の方々も控えていらっしゃるのですから、それほど強い危惧を抱く必要もありません。

ただ何よりも大切なのは、当事者が事前の準備をしっかり行い、互いの主張を十分に出し合って、ともに納得のいく結果に少しでも近づける努力が必要であるということです。

原告は、分割払いや和解などを完全に拒否してしまうのではなく、最終的な権利の実現を見据えながら訴訟を進めていく必要があるでしょう。
 

 

裁判代理についてもっと詳しく!

◆敷金返還

バブル崩壊後、賃貸マンション・アパート等を退去する際に敷金が戻らないばかりか追加支払を請求されるケースが増えています。敷金返還請求権は、「賃貸借終了後家屋明渡義務履行までに生じた被担保債権を控除しなお残額がある場合に、その残額につき具体的に発生する権利」であるとされています。

→詳しくはこちら!

 

◆債権回収

債権や貸金を回収する場合にもっとも理想的なのは、話し合いによる解決です。いくら話し合っても問題が解決しなかった場合、法的強制力を持つ下記のような手段に踏み切ることが可能です。

→詳しくはこちら!

 

◆建物明渡

未払い家賃は、消滅時効があり、家賃の支払い期日から5年を過ぎると、借主に対して家賃の請求を行うことができなくなります。ですので、消滅時効になる前に必ず家主に対して家賃を請求することが求められます。また、何度も家賃を請求しても支払いがない場合には、立ち退きを求めることも必要になってきます!

→詳しくはこちら!

 

◆残業代請求

職場トラブル(労働トラブル)は、会社でも自分自身の立場もあり、相談できない場合が多々あります。相談した結果、会社を辞めざる得ない状況になる場合も多々あると思います。少額な案件な案件はなかなか弁護士の方は扱ってくれませんが、当事務所は司法書士が担当致しますので、少額な案件でも真摯に親身に取り組みます!

→詳しくはこちら!

 

◆交通事故

交通事故は、被害にあったあとからが大変です。被害者・加害者ともに連絡を取り合うストレスに加え、害保険会社などからの追い込みも精神的に応えるでしょう。政書士や司法書士は、そういった精神的な圧力から逃れる術を教えてくれます!
→詳しくはこちら!

 

◆本人訴訟支援

弁護士は裁判・訴訟の専門家です。しかし、弁護士が行った訴訟はときに自分の意思とは全く違う方向で解決されることもあります。悔いの残らない訴訟、自分で納得できる訴訟をしたいと考えるのでしたら、自分自身で訴訟を遂行するのも一つの選択肢です!
→詳しくはこちら!

 

◆強制執行

判決が出されたにもかかわらず、それでも相手方が債務を履行せず、裁判所を通して強制的に債務を履行させることを強制執行といいます。しかし、執行裁判所は判決内容に関して正確な情報を有しないため、『執行文』と呼ばれる、「その判決に従って間違いなく強制執行を行ってもよいのだ」という証明が必要となります!
→詳しくはこちら!


当事務所について詳しく! 

  kuroki-egao0006.png    

◆事務所案内

◆スタッフ紹介

◆ご相談から解決の流れ

◆料金

◆お問い合わせ

◆アクセスマップ