沖縄の中村敦司法書士事務所が相続、登記のご相談に無料で対応します!

中村敦司法書士事務所~浦添市、那覇市、西原町、宜野湾市の皆様の安心と笑顔の為に!

あなたの快適な生活のための中村敦司法書士事務所 相続・遺言問題、贈与や離婚問題、登記・会社設立の専門家です!0からしっかり説明します!安心してご相談ください。

無料相談会実施中!

交通事故

交通事故は、被害にあわれた後からが大変です。
被害者・加害者ともに連絡を取り合うのは、想像を絶するほどストレスがかかるからです。
 さらに損害保険会社などからの追い込みも精神的に応えるでしょう。

そういったとき、損害保険で弁護士特約をオプションで付けていなかったため、弁護士を雇う費用がないなら、司法書士に窓口を一任することをお勧めします。

交通事故が初めての経験であれば、交渉も初めてになるはずです。
専門家である司法書士はそういった精神的な圧力から逃れる術を教えられるからです。

認定司法書士は、「140万円以下(簡易裁判所管轄)の額面の法律事案に関して、弁護士と同様に相手方との示談交渉、調停、訴訟手続き」をする事ができます。
行政書士は認定司法書士と違って示談交渉や裁判の代理などはできません。

事故の規模や依頼料金の負担等から考えて弁護士に依頼するほどでもない場合は、交通事故に詳しい司法書士の方が気軽に依頼できるかもしれません。
「後遺症が出るかもしれない」「相手方から後になって交渉されるのでは」といった心配があるときは特に、司法書士に書類作成をお願いしておけば安心でしょう。

 

交通事故解決のポイント

1)正確に内容を把握すること

「事故に誤りがないかどうか」「障害がしっかり評価されているかどうか」「損害項目の欠落や低額評価されていないかどうか」など、問題となっていることを把握します。

2)専門家に依頼する目的を明確にする

「賠償額の増額」であることが多いようですが、念のため「加害者の刑事処分」「事故態様の解明」など、お客様の趣旨を明確に伝えた方が良いでしょう。

3)専門家に示談を依頼する

前述のように一般人が保険会社と交渉しても不利になることが大半です。
司法書士が示談を継続的に行うことで、より有利な条件を引き出せる可能性があります。

4)専門家に訴訟を依頼する

事故態様の徹底や精神的・経済的被害の立証は専門家が対処する方がスムーズに、かつ正確に行えます。


 

 

裁判代理についてもっと詳しく!

◆敷金返還

バブル崩壊後、賃貸マンション・アパート等を退去する際に敷金が戻らないばかりか追加支払を請求されるケースが増えています。敷金返還請求権は、「賃貸借終了後家屋明渡義務履行までに生じた被担保債権を控除しなお残額がある場合に、その残額につき具体的に発生する権利」であるとされています。

→詳しくはこちら!

 

◆債権回収

債権や貸金を回収する場合にもっとも理想的なのは、話し合いによる解決です。いくら話し合っても問題が解決しなかった場合、法的強制力を持つ下記のような手段に踏み切ることが可能です。

→詳しくはこちら!

 

◆建物明渡

未払い家賃は、消滅時効があり、家賃の支払い期日から5年を過ぎると、借主に対して家賃の請求を行うことができなくなります。ですので、消滅時効になる前に必ず家主に対して家賃を請求することが求められます。また、何度も家賃を請求しても支払いがない場合には、立ち退きを求めることも必要になってきます!

→詳しくはこちら!

 

◆残業代請求

職場トラブル(労働トラブル)は、会社でも自分自身の立場もあり、相談できない場合が多々あります。相談した結果、会社を辞めざる得ない状況になる場合も多々あると思います。少額な案件な案件はなかなか弁護士の方は扱ってくれませんが、当事務所は司法書士が担当致しますので、少額な案件でも真摯に親身に取り組みます!

→詳しくはこちら!

 

◆交通事故

交通事故は、被害にあったあとからが大変です。被害者・加害者ともに連絡を取り合うストレスに加え、害保険会社などからの追い込みも精神的に応えるでしょう。政書士や司法書士は、そういった精神的な圧力から逃れる術を教えてくれます!
→詳しくはこちら!

 

◆本人訴訟支援

弁護士は裁判・訴訟の専門家です。しかし、弁護士が行った訴訟はときに自分の意思とは全く違う方向で解決されることもあります。悔いの残らない訴訟、自分で納得できる訴訟をしたいと考えるのでしたら、自分自身で訴訟を遂行するのも一つの選択肢です!
→詳しくはこちら!

 

◆強制執行

判決が出されたにもかかわらず、それでも相手方が債務を履行せず、裁判所を通して強制的に債務を履行させることを強制執行といいます。しかし、執行裁判所は判決内容に関して正確な情報を有しないため、『執行文』と呼ばれる、「その判決に従って間違いなく強制執行を行ってもよいのだ」という証明が必要となります!
→詳しくはこちら!


当事務所について詳しく! 

  kuroki-egao0006.png    

◆事務所案内

◆スタッフ紹介

◆ご相談から解決の流れ

◆料金

◆お問い合わせ

◆アクセスマップ