沖縄の中村敦司法書士事務所が相続、登記のご相談に無料で対応します!

中村敦司法書士事務所~浦添市、那覇市、西原町、宜野湾市の皆様の安心と笑顔の為に!

あなたの快適な生活のための中村敦司法書士事務所 相続・遺言問題、贈与や離婚問題、登記・会社設立の専門家です!0からしっかり説明します!安心してご相談ください。

無料相談会実施中!

贈与の各制度

安心な生前贈与生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、自分の財産を人に分け与える行為であり、計画的に資産を譲渡することで、将来負担すべき相続税を抑えることができます。

しかしながら、贈与税は相続税よりも税率が高いため注意が必要です。
きちんと生前贈与における税法上の特例制度を活用し、相続紛争ならぬ争族紛争を防ぎましょう。それでは、生前贈与を行う上でおさえておきたい制度をご紹介致します。

 

生前贈与を行う上での着眼点

1.相続時清算課税制度

この制度は、贈与の際に財産に対する贈与税を納め、贈与者が亡くなった際にその財産額と残った相続財産額を合計した金額にかかる相続税から、既に収めた贈与税を差っぴいて、贈与税・相続税を納める方法です。

贈与税には、年間110万円の基礎控除額があり、1年間に110万円までの贈与であれば無税になります。

110万円というのは一見少なく思えるかもしれませんが、この基礎控除額をフル活用すれば節税額は何千万になることもあります。

※贈与税の計算方法
(もらった財産の金額-基礎控除額(年110万円))×税率-控除額=贈与税額
 

 

2.配偶者控除

贈与税の配偶者控除とは、配偶者間で贈与(居住用不動産の購入またはその建築資金を贈与されたとき)に、贈与された金額から2,000万円まで控除することができるという制度。

父の亡くなったとき、母の亡くなったときと、2回に分けて相続すれば、基礎控除や低税率部分の適用が可能となります。

配偶者控除には以下の条件があります。
①20年以上の婚姻期間であること
②同じ配偶者からの贈与で過去に特例を受けていないこと
③財産が居住用不動産、またそれを取得するための金銭であること
④贈与された翌年の3月15日までに、上記の居住用不動産に居住し、その後も居住する見込みがあること
⑤贈与税の申告をすること

 

※注意点
配偶者の双方に財産がある場合、贈与を受けた  配偶者が亡くなった際に、かえって相続税額が 多くならないかどうか、注意が必要です。

 

3.評価額

対象の財産が「現預金」か「資産」かによって、課税価格を計算する方法が異なるため、注意しなければなりません。

贈与に限らず、相続についても言えることですが、課税価格を計算するうえで、現預金はそのまま課税価格になりますが、資産については相続税評価額で課税価格を計算します。相続税評価額は、時価よりも低くなるが通常ですから、現預金を贈与・相続するよりは、資産にかえてから 贈与・相続する方が、税額が減少します。  

また、土地の場合、公示価格がベースとなりますので、値上がりの激しい地域、将来に区画整理が予定されている地域は、評価が低いうちに贈与することが節税に繋がることも多くあります。

 

4.贈与分岐点

冒頭で述べた通り、贈与税の税率は、相続税の税率よりも、高く設定されています。いずれも累進超過税率となっており、課税価格が増加するのに伴って税率が大きくなります。

節税対策の上では、贈与と相続の財産のバランスを最適化し、総合して考慮し税率が一番下がるように贈与をすることが望ましいと言えます。  
 

全体の税率は、最適な贈与額を超えてしまうと、上がってしまうことになります。

 

5.暦年贈与制度

財産を贈与する際に、贈与財産の価額から 毎年110万円(基礎控除額)を控除することができる制度です。
 

贈与税額は、
(1年間に贈与した財産の金額の合計額-110万円)×税率
となります。
 

この節税は相続税対策としてよく使われる方法であり、比較的短期間で成果が出やすいものだといえます。  
相続税と贈与税は金額が大きく動きます。やはり、専門家にお願いすることをお勧め致します。
 

 

生前贈与についてもっと詳しく!

◆贈与の各制度

贈与税は相続税よりも税率が高いため注意が必要です。きちんと生前贈与における税法上の特例制度を活用し、相続紛争ならぬ争族紛争を防ぎましょう。それでは、生前贈与を行う上でおさえておきたい制度をご紹介致します。

→詳しくはこちら!

 

◆相続時精算課税

相続時精算課税とは平成15年1月1日以降の贈与に選択的に適用される贈与にかかる税の特例法です。2500万円まで贈与税の税金がかからず、2500万円超の部分については一律20%の税金がかかります。相続時(贈与者が死亡したとき)に、相続税として精算する制度です。

→詳しくはこちら!

 

◆夫婦間の贈与

夫婦間で贈与が行われる場合、配偶者控除というものがあり、2000万円までの控除が可能になります。注意として、配偶者の双方に財産がある場合、贈与を受けた配偶者が亡くなった際に、かえって相続税額が多くならないかどうかを知っておく必要があります!

→詳しくはこちら!

 

◆死因贈与

死因贈与とは自分の死亡を条件として財産を与える旨約束することです。死因贈与は、あくまで契約行為のため、一度契約を結んだ以上、契約を解除するためには相手方の承諾も必要です。また、死因贈与には贈与税ではなく相続税が課せられますので注意が必要です。

→詳しくはこちら!


当事務所について詳しく! 

  kuroki-egao0006.png    

◆事務所案内

◆スタッフ紹介

◆ご相談から解決の流れ

◆料金

◆お問い合わせ

◆アクセスマップ