沖縄の中村敦司法書士事務所が相続、登記のご相談に無料で対応します!

中村敦司法書士事務所~浦添市、那覇市、西原町、宜野湾市の皆様の安心と笑顔の為に!

あなたの快適な生活のための中村敦司法書士事務所 相続・遺言問題、贈与や離婚問題、登記・会社設立の専門家です!0からしっかり説明します!安心してご相談ください。

無料相談会実施中!

不動産の名義変更

 不動産の名義変更手続き

法務局で登記事項要約書等を取り寄せることにより、誰でもその不動産が誰の所有になっているか、担保などがついているかどうかを確認できます。
相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を相続人名義に変える手続きをしなくてはなりません。

不動産名義を変更せずに、後々トラブルになることが多くありますので、 不動産の名義変更の手続きはできるだけ速やかに行ってください。

 

不動産の名義変更の手続きの流れ

大まかに以下の手順で行います。

 

 1)遺産分割協議の終了
    ↓
 2)登記に必要な書類の収集
    ↓
 3)登記申請書の作成
    ↓
 4)法務局への登記の申請

 

では、手続きの進め方はどのように行っていけばよいのでしょうか?
一般的な流れをおさえておきましょう。

 

手続きの流れ

1.登記に必要な書類の収集

登記に必要な書類は、どのように遺産分割の協議が行われたかによって用意する書類が異なってきます。

 

1)法定相続人が一人の場合または法定相続分で相続をする場合
 ・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
 ・法定相続人の戸籍謄本
 ・法定相続人の住民票
 ・相続する不動産の固定資産税評価証明書
 ・法定相続人の印鑑証明書

 

2)遺産分割協議で決めた割合で相続をする場合
 ・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
 ・法定相続人の戸籍謄本
 ・相続を受ける人の住民票
 ・相続する不動産の固定資産税評価証明書
 ・法定相続人の印鑑証明書
 ・遺産分割協議書

 

2.申請書の作成

登記の申請書を作成する場合の詳細は、状況によって複雑に変化します。
登記を申請する法務局に直接問い合わせてみるといいでしょう。
それでもよく分からないようであれば、私達にお気軽に質問してください。

 

3.登記の申請

登記の申請書に集めた書類をまとめ、相続する不動産を管轄とする法務局(登記所)に登記の申請をします。
提出した書類に不備がなければ2~3日で登記が完了し、不動産の名義が変更されたことになります。

 

4.登記の費用について

登記を申請する際には税金(登録免許税)の納付が必要になります。
その際必要になる税金(登録免許税)は固定資産税評価証明に記載されている不動産の価格に1000分の4を乗じた価格となります。
また、司法書士などの専門家に登記の依頼をした場合には、必要書類の収集、登記申請書の作成、法務局への登記の申請まですべての手続きを司法書士が代理することになります。
 


相続についてもっと詳しく!

◆相続登記

相続が起こった場合、不動産登記簿を相続人名義に変える手続きをしなくてはなりません。後々トラブルになることが多くありますので、 不動産の名義変更の手続きはできるだけ速やかに行ってください!

→詳しくはこちら!

 

◆相続手続

相続手続きは、期間が決められていることが多く、スケジュールを始めの段階で立てておくことが重要です。概ねの流れを知っておくことで、注意すべきポイントを確かめておきましょう!

→詳しくはこちら!

 

◆遺産分割

遺言書が無く相続人が複数いる場合は、相続人間で話し合うことになります。遺産分割には以下の4つの分割方法があります。相続問題によって兄弟姉妹の仲が悪くなる、(遺産分割調停)裁判(審判)などといった、争続トラブルを起こさないためにも、最善の対応をしたいものです。

→詳しくはこちら!

 

◆相続放棄

相続放棄というのは、被相続人のすべての財産を放棄し、一切の財産を相続しないという方法です。相続放棄は被相続人が残したマイナス面の財産、つまり借金を引き継ぎたくないというケースに用いられることが多い方法です。

→詳しくはこちら!


当事務所について詳しく! 

  kuroki-egao0006.png    

◆事務所案内

◆スタッフ紹介

◆ご相談から解決の流れ

◆料金

◆お問い合わせ

◆アクセスマップ